Publications

2018以前の分は年度ごとにリンク(下の方にリンクがあります.)

<2018以降の査読付き学術雑誌>他に採録済み2件

1. Furukawa, K. ; Fukushima, Y. ; Nishino, S. ; Eguchi Yairi, I. Survey on Psychological Effects of Appreciative Communication via Voice Agent, Journal of Information Processing, 2020. http://dx.doi.org/10.2197/ipsjjip.28.699

2. Fukawa, A.; Aizawa, T.; Yamakawa, H.; Eguchi Yairi, I. Identifying Core Regions for Path Integration on Medial Entorhinal Cortex of Hippocampal Formation. Brain Sci. 2020, 10, 28. https://doi.org/10.3390/brainsci10010028

3. Watanabe, T.; Takahashi, H.; Iwasawa, Y.; Matsuo, Y.; Eguchi Yairi, I. Weakly Supervised Learning for Evaluating Road Surface Condition from Wheelchair Driving Data. Information 2020, 11, 2. https://doi.org/10.3390/info11010002

4. Murakami S., Kimura T., Yairi I.E. (2020) Privacy-Preserving Resident Monitoring System with Ultra Low-Resolution Imaging and the Examination of Its Ease of Installation. In: Ohsawa Y. et al. (eds) Advances in Artificial Intelligence. JSAI 2019. Advances in Intelligent Systems and Computing, vol 1128. Springer, Cham Cham (JSAI2019の査読付き英語セッションに採択の後,大会後に査読を経てselected paperとして出版)

https://doi.org/10.1007/978-3-030-39878-1_25

5. Ikuko Eguchi Yairi, Hiroki Takahashi, Takumi Watanabe, Kouya Nagamine, Yusuke Fukushima, Yutaka Matsuo and Yusuke Iwasawa, Estimating Spatiotemporal Information from Behavioral Sensing Data of Wheelchair Users by Machine Learning Technologies, Information 2019, 10(3), 114; https://doi.org/10.3390/info10030114.

6. 高橋宏紀,長峯洸弥,岩澤有祐,松尾豊,矢入郁子,「深層畳み込みニューラルネットを利用した車いすセンシングデータからの路面状態の定量化」,電子情報通信学会論文誌D,J1001-D巻 6号, 2018/06/01, 1109-1021


<2018以降の国際会議>他に採録済み2件

1. Kouta Akimoto, Ayako Fukawa, Ikuko Eguchi Yairi, Research on Learning Effect of Vibrotactile Stimulation to the Head in Triangle Completion Task, Proceedings of the Annual Conference of JSAI, 2020, Volume JSAI2020, 34rd Annual Conference, 2020, Pages 1G5-ES-5-03, (査読付き国際セッションに採択)

2. Goh Sato, Takumi Watanabe, Hiroki Takahashi, Yojiro Yano, Yusuke Iwasawa, Ikuko Eguchi Yairi, Visualizing Road Condition Information by Applying the AutoEncoder to Wheelchair Sensing Data for Road Barrier Assessment, Proceedings of the Annual Conference of JSAI, 2020, Volume JSAI2020, 34rd Annual Conference, 2020, Pages 1G3-ES-5-02, (査読付き国際セッションに採択)

3. Takumi WATANABE, Hiroki TAKAHASHI, Yusuke IWASAWA, Yutaka MATSUO, Ikuko Eguchi YAIRI, Evaluating Road Surface Condition by using Wheelchair Driving Data and Positional Information based Weakly Supervision, Proceedings of the Annual Conference of JSAI, 2019, Volume JSAI2019, 33rd Annual Conference, 2019, Session ID 4D3-E-2-04, Pages 4D3E204, (査読付き国際セッションに採択)

4. Takumi KIMURA, Shogo MURAKAMI, Ikuko Egushi YAIRI, Privacy-Preserving Resident Monitoring System with Ultra Low-Resolution Imaging and the Examination of Its Ease of Installation, Proceedings of the Annual Conference of JSAI, 2019, Volume JSAI2019, 33rd Annual Conference, 2019, Session ID 4D3-E-2-01, Pages 4D3E201, (査読付き国際セッションに採択)

5. Takahiro Aizawa, Ayako Fukawa, Ikuko Eguchi Yairi, Hiroshi Yamakawa, Construction of functional hypothesis about brain local circuit by integrating neuroscientific knowledge as a framework, Advances in Neuroinformatics 2018 poster, Saitama Japan, 21 December 2018

6. Yudai TAMURA, Yotaro SHIRAKASHI, Ikuko Eguchi YAIRI, A Survey of Relationships between Daily Activities and Personalities of Elderly People, The 12th ICME International Conference on Complex Medical Engineering, Shimane Japan, September 6, 2018.


<2018以降の査読なしの国内会議,シンポジウム等>

■2020年

(1) 中村 拓馬,森 裕一,矢入 郁子,動画像からのサッカーシュート動作の姿勢推定の精度改善,人工知能学会全国大会論文集 2020年 JSAI2020 巻 3M5-GS-12-04, 2020年

(2) 金子 和樹,中村 拓馬,森 裕一,矢入 郁,OpenPoseを用いたサッカー熟練度の分類,人工知能学会全国大会論文集 2020年 JSAI2020 巻 3M5-GS-12-05,2020年

(3) 増田 凪紗,古川 広一,矢入 郁子,DCNN を用いた聴診器音響センシングによる タッチアクション認識,第19回情報科学技術フォーラム,J-024,FIT2020, 2020

(4) 柴田 祥太郎,渡邉 拓実,矢入 郁子,リモートセンシングデータから地すべりを抽出するDeep Residual U-Netモデルの精度向上,第19回情報科学技術フォーラム,O-011,FIT2020, 2020

(5) 門田 流聖,渡邉 拓実,佐藤 剛,岩澤 有祐,矢入 郁子,CNNとRNNの統合モデルによる車いす加速度データを用いた路面状態の評価,第19回情報科学技術フォーラム,F-011,FIT2020, 2020

■2019年

(1)安藤 祐貴, 平田 均, 矢入 郁子, パーコレーション理論を応用したコミュニティの情報伝播モデルの作成, 人工知能学会全国大会論文集 2019年 JSAI2019 巻 4A3-J-1-03, 2019年

(2)千葉 晃一, 横田 悠右, 成瀬 康, 矢入 郁子, 体性感覚誘発電位の作業負荷推定指標化のN-backタスクによる評価, 人工知能学会全国大会論文集 2019年 JSAI2019 巻 1D4-J-1-02, 2019年

(3)金丸 竣樹, 横田 悠右, 成瀬 康, 矢入 郁子, 脳波計を用いた恐怖の定量化に関する研究, 人工知能学会全国大会論文集 2019年 JSAI2019 巻 1D4-J-1-01, 2019年

(4)秋元 弘太, 布川 絢子, 矢入 郁子, 三角形完成課題における頭部への振動提示が及ぼす学習効果に関する研究, 3A1-4,ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年

(5)小森谷 篤, 千葉 晃一, 横田 悠右, 成瀬 康, 矢入 郁子, 視覚情報のN-backタスクを用いた短潜時体性感覚誘発電位の作業負荷推定指標としての評価, 4D1-1, ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年

(6)関川 聡史, 金丸 竣樹, 横田 悠右, 成瀬 康, 矢入 郁子, 生理指標の分析によるホラー映像視聴時の恐怖の定量化に関する研究, 4D1-2, ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年

(7)若林 美優, 阿部 亮平, 鶴岡 秀樹, 矢入 郁子, 学習時の集中度と姿勢・体動の関係の脳波計を用いた定量的調査, 4D1-3, ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年

(8)佐藤 剛, 渡邉 拓実, 高橋 宏紀, 岩澤 有祐, 松尾 豊, 矢入 郁子, オートエンコーダを利用した車いすの加速度データによる異常路面の検出, 5D2-1,ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年

(9)伊藤 汐里, 西野 沙貴, 浦川 颯希, 古川 広一, 塩瀬 隆之, 矢入 郁子, スマートスピーカを例としたユーザの技術受容と幸福度に関する調査, 5D3-1, ヒューマンインタフェースシンポジウム2019, 2019年

■2018年

(1)布川絢子,相澤隆寛,矢入郁子,山川宏,「全脳アーキテクチャに必要な嗅内皮質フレームワークの検討」,人工知能学会研究会資料 SIG-AGI-010-01,第10回 人工知能学会 汎用人工知能研究会(SIG-AGI) ,2018/11/22

(2)村上 奨悟 矢入 郁子 「高抽象度赤外線画像センサを用いた行動認識システムの研究」人工知能学会 2018/06/05-06/08 鹿児島

(3)高橋 宏紀、岩澤 有祐、長峯 洸弥、矢入 郁子 「車いす走行路面の特徴を抽出する DCNNのための GPSを用いた学習用データラベリング手法の検討」人工知能学会 2018/06/05-06/08 鹿児島

(4)古川 広一、矢入 郁子「音声エージェントを介した感謝の効果に関する調査」人工知能学会 2018/06/05-06/08 鹿児島

(5)浦川 颯希, 棚木 将、小林 大祐、塩瀬 隆之、矢入郁子「心理尺度とTAMを組み合わせた技術受容調査 」ヒューマンインタフェース2018/09/05

(6)金丸竣樹、後藤隆太郎、横田悠右、成瀬康、矢入郁子「脳波を用いたVRホラーゲームの恐怖の定量化に関する研究 」ヒューマンインタフェース2018/09/06

(7)千葉 晃一、 横田 悠右, 成瀬 康、矢入 郁子「体性感覚誘発電位の作業負荷推定指標化のN-backタスクによる評価の報告」ヒューマンインタフェース2018/09/05

(8)西野 沙貴,古川 広一,矢入 郁子「スマートスピーカーを介した感謝の効果に関する調査」ヒューマンインタフェース2018/09/07

(9)渡邉 拓実,高橋 宏紀,岩澤 有祐,松尾 豊,矢入 郁子「弱教師あり学習による加速度データと位置情報を用いた路面状態の評価 」ヒューマンインタフェース2018/09/07