Publications


2017

posted Jun 21, 2018, 12:44 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Jun 21, 2018, 1:39 AM ]

Academic Journal
  • 岩澤有祐, 矢入郁子, 松尾豊, 「半教師あり蒸留による深層学習に基づく行動認識モデルのユーザ適応」, 人工知能学会論文誌, 32巻 3号, A-G82_1-11頁, 2017/08/17.
  • 岩澤有祐, 矢入郁子, 松尾豊, 「ユーザ敵対型ニューラルネットワーク:
  • ウェアラブルセンサを利用した行動認識におけるユーザ汎化とプライバシーへの 配慮のためのユーザ独立な表現の学習手法」, 人工知能学会論文誌, 32巻 4号, A-GB5_1-12頁, 2017/08/17.
  • 長峯洸弥,岩澤有祐,松尾豊,矢入郁子,「加速度センサを用いた手動車いす走行時の身体的負担評価手法の提案」, 電子情報通信学会論文誌D,J100-D巻 8号, 773-782頁, 2017/08/01.
  • 鶴岡秀樹,小山健太,白樫陽太郎,矢入郁子, 「クッション型デバイスを用いた自律学習支援システムの提案」, 電子情報通信学会論文誌D, J100-D巻 1号, 36-46頁, 2017/01/01

Academic Article
  • 矢入郁子, 巻頭言「特集によせて」,ヒューマンインタフェース学会誌,19巻 2号, 23-23頁,2017/05/01.
  • 岩澤有祐,矢入郁子,松尾豊,「ディープラーニングの進歩とインタフェース」,ヒューマンインタフェース学会誌,19巻 2号, 36-46頁,2017/05/01.
International Conference
  • Yusuke Iwasawa, Kotaro Nakayama, Ikuko Eguchi Yairi, Yutaka Matsuo, “Privacy Issues Regarding the Application of DNNs to Activity-Recognition using Wearables and Its Countermeasures by Use of Adversarial Training”, Proceedings of the Twenty-Sixth International Joint Conference on Artificial Intelligence, IJCAI, International Joint Conferences on Artificial Intelligence Organization, pp.1930-1936, 2017/08/17.
  • Ikuko Eguchi YAIRI, “Designing Interfaces to Make Information More Tangible for Visually Impaired People”, In Proc. of HCI International 2017, 2017/07.
Domestic Conference
  • 岩澤有祐,矢入郁子,松尾豊, 「敵対的訓練を利用したドメイン不変な表現の学習」,人工知能学会全国大会論文集 31, 1A2-OS-05b-3,2017.
  • 長峯洸弥,岩澤有祐,松尾豊,矢入郁子,「車いす漕ぎ行動中の加速度変化量を利用した路面アクセシビリティ評価手法」,人工知能学会全国大会論文集 31, 2F1-1,2017.
  • 川﨑直毅,矢入郁子,「視覚障害者と晴眼者のコラボレーション向上のための協調作業分析」,人工知能学会全国大会論文集 31,2E2-3,2017.
  • 白樫陽太郎,小林直斗,矢入郁子,「身体活動量計と心理尺度を組み合わせたリハビリ支援の研究」,人工知能学会全国大会論文集 31,2J4-1,2017.
  • 古川広一,川﨑直毅,黒澤慎治,大森正太郎, 野口嵩人, 矢入郁子,「心理尺度を用いた視覚障がい者と晴眼者の協調作業分析」,ヒューマンインタフェースシンポジウム2017,5B1-3,2017.
  • 岸田卓大, 川﨑直毅, 後藤隆太郎, 横田悠右, 成瀬康, 矢入郁子,「脳波計を用いた視覚障害者と晴眼者のコラボレーション分析」,ヒューマンインタフェースシンポジウム2017,5B1-4,2017.
  • 棚木将, 白樫陽太郎, 矢入郁子,「リハビリ支援のための身体活動量・心理尺度調査結果の分析」,ヒューマンインタフェースシンポジウム2017,5B2-1,2017.
  • 田村侑大, 木村優那, 矢入郁子,「段階的詳細化能力に着目したプログラミングのグループ学習の調査」,ヒューマンインタフェースシンポジウム2017,5B4-3,2017.
  • 布川絢子, 後藤隆太郎, 矢入郁子,「言語刺激による緊張の脳波を用いた分析」,ヒューマンインタフェースシンポジウム2017,6D1-4,2017.
  • 村上奨悟, 加藤友基, 矢入郁子,「高抽象度赤外線画像センサを用いた行動認識システムの研究,ヒューマンインタフェースシンポジウム2017,7B1-4,2017.
  • 寺田知旦,平田均,矢入郁子,「数理モデルによるアメリカ大統領選挙の分析」,CA-003,第16回情報科学技術フォーラム,FIT2017, 2017
  • 矢野耀次朗,高橋宏紀,長峯洸弥,岩澤有佑,松尾豊,矢入郁子,「車いすセンシングと機械学習による走行時異常行動検知」,CF-008,第16回情報科学技術フォーラム,FIT2017, 2017

2016

posted Jun 21, 2018, 12:44 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Jun 21, 2018, 1:35 AM ]

Academic Journal
  • Yusuke Iwasawa, Kouya Nagamine, Ikuko Eguchi Yairi, Yutaka Matsuo, “Combining Human Action Sensing of Wheelchair Users and Machine Learning for Autonomous Accessibility Data Collection”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99, No.4, pp.1153-1161, 2016.

Academic Article
  • 矢入郁子, 「高齢者の Technology Acceptance と人工知能」,人工知能(人工知能学会誌),31巻 3号, 350-355頁,2016/05.
Domestic Conference
  • 小林直斗,白樫陽太郎,矢入郁子「身体活動量計と心理尺度を用いた人間行動の計測とリハビリ支援の研究」ヒューマンインタフェース2016,東京農工大学,2016/09/06-09
  • 江口涼,大江弘樹,山崎祐史,矢入郁子「視覚障がい教育のための教材作成支援システムの開発と評価」ヒューマンインタフェース2016,東京農工大学,2016/09/06-09
  • 嘉藤憲史,鶴岡秀樹,後藤隆太郎,横田悠右,成瀬康,矢入郁子「クッション型学習支援デバイスの複数人向け最適情報提示手段の検討」ヒューマンインタフェース2016,東京農工大学,2016/09/06-09
  • 大森涼,長峯洸弥,岩澤有祐,松尾豊,矢入郁子「車いすセンシングによる走行時負担の定量化とその評価」ヒューマンインタフェース2016,東京農工大学,2016/09/06-09
  • 高橋広紀,岩澤有祐,長峯洸弥,松尾豊,矢入郁子「車いすセンシングと畳み込みニュートラルネットを利用した路面特徴の推定と蓄積」ヒューマンインタフェース2016,東京農工大学,2016/09/06-09
  • 後藤隆太郎,鶴岡秀樹,横田悠右,成瀬康,矢入郁子「ウェアラブル脳波計による学習集中度の計測と着座姿勢との相関関係の調査」ヒューマンインタフェース2016,東京農工大学,2016/09/06-09
  • 黒澤慎治,川﨑直毅,鈴木あゆ美,大森正太郎,野口嵩人,矢入郁子「視覚障害者と晴眼者のコラボレーション空間デザインの研究」ヒューマンインタフェース2016,東京農工大学,2016/09/06-09
  • 岩澤有祐,矢入郁子,松尾豊,「深層行動認識モデルのユーザ特化圧縮」,人工知能学会全国大会論文集 30,4G4-2, 2016.
  • 川﨑直毅,大森正太郎,野口嵩人,矢入郁子,「シューティングゲームにおける視覚障害者とのコラボレーション分析」,人工知能学会全国大会論文集 30, 4L1-3, 2016.
  • 長峯洸弥,落合真希,岩澤有祐,松尾豊,矢入郁子,「スマートフォンを利用した手動車いす利用者の負担推定・共有システム」,人工知能学会全国大会論文集 30,4M1-4 , 2016.
  • 白樫陽太郎,矢入郁子,「ウェアラブルデバイスと心理尺度を組み合わせたリハビリ支援の研究」,人工知能学会全国大会論文集 30,2C3-4 , 2016.
  • 鶴岡秀樹,小山健太,白樫陽太郎,矢入 郁子,「クッション型デバイスを用いた自律学習支援システムの評価」,人工知能学会全国大会論文集 30, 1E3-1, 2016.

2015

posted Jun 21, 2018, 12:43 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Jun 21, 2018, 1:32 AM ]

Academic Article
  • 矢入郁子,特集 障がい者・高齢者と築く社会参加支援,「視覚障がい者のタッチパネル利用補助に関する技術動向」,情報処理学会誌55巻6号, pp.538--540(2015年6月15日発行).
International Conference
  • Yusuke Iwasawa, Kouya Nagamine, Ikuko Eguchi Yairi, Yutaka Matsuo,“Toward an automatic road accessibility information collecting and sharing based on human behavior sensing technologies of wheelchair users”, In Proc. of The 6th International Conference on Emerging Ubiquitous Systems and Pervasive Networks (EUSPN 2015), Procedia Computer Science, Vol.63, pp74-81, 2015.
  • Yusuke Iwasawa, Koya Nagamine, Yutaka Matsuo, and Ikuko Eguchi Yairi, “Road Sensing: Personal Sensing and Machine Learning for Development of Large Scale Accessibility Map,” In Proceedings of the 17th International ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS '15), 2015 
  • Koya Nagamine, Yusuke Iwasawa and Ikuko Eguchi Yairi, “An Estimation of Wheelchair User's Muscle Fatigue by Accelerometers on Smart Devices,”In Proceedings of 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing(UbiComp 2015) , 7-11 September 2015, Osaka.
Domestic Conference
  • 岩澤有祐,矢入郁子,松尾豊,「車いす行動センシング加速度データへの表現学習の適用」,人工知能学会全国大会論文集 29, 2C1-OS-06a-1, 2015
  • 木村優那,矢入郁子,「段階的詳細化能力とプログラミング学習の関係に関する研究」,人工知能学会全国大会論文集 29, 3N3-3, 2015
  • 鶴岡秀樹,矢入郁子,「クッション型デバイスを用いた自律学習促進システムの提案」,人工知能学会全国大会論文集 29, IN5-1, 2015
  • 長峯洸弥,岩澤有祐,松尾豊,矢入郁子,「スマートデバイスの三軸加速度センサを利用した車いす走行者の疲労推定」,人工知能学会全国大会論文集 29, IN5-3, 2015
  • 加藤友基,岡田遼太郎,矢入郁子,「プライバシーに配慮した見守りシステムの配置と人間行動推定精度」 1224, Human Interface Symposium, Sept. 2-4, 2015.
  • 落合真希,長峯洸弥,矢入郁子,「スマートデバイスを用いた車いすセンシングの疲労による走行パターン変化」,3211,Human Interface Symposium, Sept. 2-4, 2015.
  • Technology Acceptance Model と工学的利用行動観察手法によるシステム利用行動比較調査
  • 小山健太,千須和厚太,矢入郁子, 3212,Human Interface Symposium, Sept. 2-4, 2015.
  • 白樫陽太郎,鶴岡秀樹,矢入郁子,「クッション型デバイスを用いた自立学習促進システムの評価」,3314,Human Interface Symposium, Sept. 2-4, 2015.
  • 川﨑直毅,高田佑平,矢入郁子,「英語コミュニケーション促進のためのボディコンタクトゲームの評価」,3344, Human Interface Symposium, Sept. 2-4, 2015.

2014

posted Jun 21, 2018, 12:42 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Jun 21, 2018, 1:27 AM ]

Domestic Conference
  • 植松洋亮,岡田遼太郎,矢入郁子,「遠隔地にいる人と犬とのエモーショナルインタラクションの研究」,2014年度人工知能学会全国大会第28回大会
  • 岩澤有祐,矢入郁子,「多次元時系列データ解析によるアクセシビリティ可視化システムの開発」,2014年度人工知能学会全国大会第28回大会
  • 岡田遼太郎,矢入郁子,「赤外線グリットセンサを用いた室内位置・行動推定の粒度及び精度の検討」,2014年度人工知能学会全国大会第28回大会
  • 田口健斗,矢入郁子,「スマートデバイスを用いた高齢者・障碍者の歩行分析と行動推定」,2014年度人工知能学会全国大会第28回大会
  • 千須和厚太, 岡田遼太郎, 矢入郁子,「三軸加速度計、心拍・血中酸素飽和度計、赤外線アレイセンサを用いた人間の行動推定」,1215, Human Interface Symposium, Sept. 10-12, 2014.
  • 櫻井友貴, 矢入郁子,「ピクトグラムを用いた英単語学習動画コンテンツの長文読解への応用と評価」,1423,Human Interface Symposium, Sept. 10-12, 2014.
  • 長峯洸弥,岩澤有祐,矢入郁子,「スマートデバイスを用いた車いすライフログにおける転倒行動分析」,3411,Human Interface Symposium, Sept. 10-12, 2014.
  • 鶴岡秀樹, 岡田遼太郎, 矢入郁子,「赤外線グリッドセンサを用いた高プライバシー見守りシステムの配置方法の検討」,3314,Human Interface Symposium, Sept. 10-12, 2014.
  • 山﨑祐史,大森正太郎,矢入郁子,「視覚障害者と晴眼者の協調作曲空間デザインと最適なインターフェースに関する研究」,3133,Human Interface Symposium, Sept. 10-12, 2014.
  • 木村藍妃,浦島卓也,矢入郁子,「電子教科書の図への音声埋め込み・対話的再生機能の実装と視覚障害者による評価」,3343,Human Interface Symposium, Sept. 10-12, 2014.
  • 木村優那,田村晃弘,矢入郁子,「段階的詳細化能力からみた初心者のプログラミング学習の分析」,3344,Human Interface Symposium, Sept. 10-12, 2014.

2013

posted Jun 21, 2018, 12:42 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Jun 21, 2018, 1:28 AM ]

Academic Journal
  • Y. Fukushima, M. Fukushi, and I. E. Yairi: A Region-based Fault-Tolerant Routing Algorithm for 2D Irregular Mesh Network-on-Chip, Journal of Electronic Testing: Theory and Applications, Vol. 29, Issue 3, pp 415-429 (2013).

Academic Article
  • 矢入郁子,この本!~おすすめします~「理系研究者からみたアメリカ文化」,情報管理,Vol. 56 (2013) No. 6 P 393-395
  • 矢入郁子,巻頭コラム「象使いと象-情報処理とインタフェース-」情報処理学会誌54巻4号, 巻頭(2013年4月15日発行)
International Conference
  • Yusuke Iwasawa, Ikuko Eguchi Yairi, “Spatiotemporal Life-Log Mining of Wheelchair Users' Driving for Visualizing Accessibility of Roads,” Data Mining Workshops (ICDMW)on 2013 IEEE 13th International Conference, pp.680-687, 7, Dec, Dallas, Texas, 2013.
  • Ryotaro Okada and Ikuko Yairi, “An indoor human behavior gathering system toward future support for visually impaired people,” In Proceedings of the 15th International ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS '13), 2013
  • Shotaro Omori, Ikuko Eguchi Yairi, “Collaborative music application for visually impaired people with tangible objects on the table,” In Proceedings of the 15th International ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS '13), 2013.
  • Ikuko Eguchi Yairi, “An Approach for Improving Computer Human Interaction of Visually Impaired People”, In Proc. Data Driven Wellness Symposia, AAAI Spring Symposium Series 2013, March 25 – 28, Stanford University, California (2013).
  • Yusuke Iwasawa, Hidetaka Suzuki and Ikuko Eguchi Yairi,“Detecting Exceptional Actions Using Wearable Sensors’ Data for Developing Life-Log Database of Visually Impaired People”, In Proc. Data Driven Wellness Symposia, AAAI Spring Symposium Series 2013, March 25 – 28, Stanford University, California (2013).

Domestic Conference
  • 岩澤有祐,矢入郁子,「車いす走行ライフログの時空間解析による路面状況推定システム」,2013年度人工知能学会全国大会第27回大会
  • 岡田遼太郎,矢入郁子,「プライバシーに配慮した屋内行動モニタリングシステムの提案」,2013年度人工知能学会全国大会第27回大会
  • 大森正太郎,矢入郁子,「視覚障害者の利用にも配慮した対話を促す協調作曲アプリケーション」,Human Interface Symposium, Sept. 10-13, 2013.
  • 田村晃弘,石井英勝,矢入郁子,「視覚障害者のタッチパネル上のレイアウト認識特性解明のための音楽ゲームの実装と評価」,Human Interface Symposium, Sept. 10-13, 2013.
  • 植松洋亮,野口嵩人,矢入郁子,「視覚障害者タッチパネルインタラクションのための指先振動フィードバックシステム」,Human Interface Symposium, Sept. 10-13, 2013.
  • 櫻井友貴,高橋雄介,矢入郁子,「英語のイメージ学習のためのピクトグラムを用いた動画コンテンツデザインの研究」,Human Interface Symposium, Sept. 10-13, 2013.
  • 田口健斗,岩澤有祐,矢入郁子,「スマートデバイスの3軸加速度センサを用いた重度視覚障害者歩行分析の研究」,Human Interface Symposium, Sept. 10-13, 2013.
  • 高田佑平,岩澤有祐,矢入郁子,「3軸加速度センサを用いた機械学習による車いす走行危険箇所可視化システム」,Human Interface Symposium, Sept. 10-13, 2013.
  • 恒松宏行,塩谷駿介,矢入郁子,「視覚障害者のモバイル・PC生活密着型調査」,Human Interface Symposium, Sept. 10-13, 2013.

2012

posted Jun 21, 2018, 12:42 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Jun 21, 2018, 1:18 AM ]

Academic Article
  • 矢入郁子,「情報通信第三のフェーズ、ソフトウェア時代のヒューマンインタフェース-Human Interface for New Era When Software is Eating the World-」, ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.14, No.4, pp.273—278(2012).
International Conference
  • Sumiyo Kawabata, Yusuke Fukushima and Ikuko Eguchi Yairi, “Proposal and Evaluation of System to Connect People in a Distance Place”, In Proc. Data Driven Wellness Symposia, AAAI Spring Symposium Series 2013, March 25 – 28, Stanford University, California (2013).
  • Ikuko Eguchi Yairi, “Touch Panel Interaction for Visually Impaired People: Toward the Universal Design of Interactive Contents”, In Proc. The 19th International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2012, Dec. 4 – 7, Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan (2012).
  • Ikuko Eguchi Yairi and Takuya Takeda, “A music application for visually impaired people using daily goods and stationeries on the table”, In Proc. ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS), pp.271-272, Oct. 22-24, Boulder, Colorado, 2012.
  • Yusuke Iwasawa and Ikuko Eguchi Yairi, “Life-Logging of Wheelchair Driving on Web Maps for Visualizing Potential Accidents and Incidents”, PRICAI 2012, LNAI 7458, pp. 157–169, 2012. Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2012
Domestic Conference
  • 浦島卓也,碓井啓次郎,福島裕介,矢入郁子,「視覚障害者向けタッチパネル神経衰弱ゲームにおける指操作方法の評価」,電子情報通信学会技術研究報告(福祉情報工学) WIT2012-65, Dec. 6, 2012.
  • 岡本愛弓,福島裕介,矢入郁子,「音と触覚を用いた視覚障害児向け中学数学学習コンテンツの開発」,情報処理学会,第117回コンピュータと教育研究発表会,Dec. 9, 2012.
  • 岩澤有祐,矢入郁子,「3軸加速度時系列データからの車いす走行行動分析の研究」,2012年度人工知能学会全国大会26回大会,June, 12-15, 2012.
  • 川端純世,福島裕介,矢入郁子,「日常生活のエントロピー増大を伝えるAmbient Computingの研究」,Human Interface Symposium, Sept. 4-7, 2012.
  • 碓井啓二朗,浦島卓也,福島裕介,矢入郁子,「iPadを用いた視覚障害者向け神経衰弱ゲームの実装と評価」,Human Interface Symposium, Sept. 4-7, 2012.
  • 及川辰幸,大森正太郎,福島裕介,矢入郁子,「タッチパネルを用いた視覚障害者向けインタラクティブ地図コンテンツ」,Human Interface Symposium, Sept. 4-7, 2012
  • 武田拓也,岡田遼太郎,福島裕介,矢入郁子,「視覚障害者の利用に配慮した多人数協調音楽演奏インターフェース」,Human Interface Symposium, Sept. 4-7, 2012.
  • 鈴木秀孝,塩谷駿介,福島裕介,矢入郁子,「秋葉原駅前歩行実験による重度視覚障害者の心理・歩行特性分析」,Human Interface Symposium, Sept. 4-7, 2012.
  • 浅井信尊,高橋雄介,福島裕介,矢入郁子,「三軸加速度センサを用いた車いすバスケットボール選手の動作分析」,Human Interface Symposium, Sept. 4-7, 2012.

2008

posted Apr 6, 2012, 1:37 AM by IKUKO YAIRI   [ updated May 9, 2012, 2:24 AM ]

Academic Article
  • 矢入江口郁子、「第3の通信網、新世代ネットワークと日米欧周の研究開発の取組み」、海外電気通信春季特別号325日発行、Vol.40, No.6, pp32-50(2008).
International Conference
  • kuko Eguchi YAIRI, Masamitsu TAKANO, Motoki SHINO, MinoruKAMATA, ``Expression of Paths and Buildings for Universal Designed Interactive Map with Due Consideration for Visually Impaired People'', In Proc. of IEEE SMC2008, P0608(2008/10/13).
Domestic Conference
  • 東 佳輝,矢入 郁子,高野 将充,小竹 元基,鎌田 実,「視覚障害者の利用に配慮したインタラクティブ地図の開発Ⅱ」,日本機械学会 第17回交通・物流部門大会 TRANSLOG2008,1210(2008/12/10)

2009

posted Apr 6, 2012, 1:34 AM by IKUKO YAIRI   [ updated May 9, 2012, 2:27 AM ]

Academic Article

  • 矢入郁子,原井洋明,村田正幸,「ポストインターネット研究—白紙からインターネットに代わるネットワークを作る—」,人工知能学会誌,Vol.24, No.3, pp416—423(2009). 

International Conference

  • Ikuko Eguchi Yairi, Masamitsu Takano, The One Octave Scale Interface for Graphical Representation for Visually Impaired People, 11th Int’l ACM Conf. on Computers and Accessibility, 2009/10/26, Pittsburgh, PA, USA 
  • Kumi Naoe, Yoshiteru Azuma, Masamitsu Takano and Ikuko Eguchi Yairi, Evaluation of Sound Effects and Presentation Position for Universal Designed Interactive Map with Due Consideration for Visually Impaired People, The 1st International Workshop on Aware Computing (IWAC09), Aizuwakamatsu, Japan, pp.711--716(2009). 
  • Hidetaka Suzuki, Takahito Saka, Ikuko Eguchi Yairi, Motoki Shino and Minoru Kamata, “Development of a snowy road information providing system to support pedestrians living in cold regions”, In Proc. of IWAC2009, Aizuwakamatsu, Japan, pp.679—684(2009). 
  • Kenji Hori,Keisuke Satou, Ikuko Eguchi Yairi, "Analysis of the walking ability and characteristics of visually impaired people toward practical use of ITS for pedestrians", In Proc. of IWAC2009, Aizuwakamatsu, Japan, pp.705—710(2009).

2011

posted Apr 6, 2012, 1:12 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Apr 6, 2012, 1:33 AM ]

Academic Journal
  • Kumi NAOE, Yoshiteru AZUMA, Masamitsu TAKANO and Ikuko Eguchi YAIRI, "Evaluation of Sound Effects and Presentation Position for Universal Designed Interactive Map with Due Consideration for Visually Impaired People", International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), Vol.7, No.5(B), pp.2897--2906, May 2011

International Conference
  • Yusuke Fukushima, Hiromasa Uematsu, Ryotarou Mitsuhashi, Hidetaka Suzuki, and Ikuko Eguchi Yairi, “Sensing Human Movement of Mobility and Visually Impaired People”, In Proc. ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS), pp. 279-280, Oct. 24-26, Dundee, Scotland, 2011. 
  • Ikuko Eguchi Yairi, Kumi Naoe, Yusuke Iwasawa, and Yusuke Fukushima, “Do Multi-touch Screens Help Visually Impaired People to Recognize Graphics?”, In Proc. ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS), pp. 237-238, Oct. 24-26, Dundee, Scotland, 2011. 
  • Takato Noguchi, Yusuke Fukushima, and Ikuko Eguchi Yairi, “Evaluating information support system for visually impaired people with mobile touch screens and vibration”, In Proc. ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS), pp. 243-244, Oct. 24-26, Dundee, Scotland, 2011.
  • Hiroshi Kutami, Yusuke Fukushima, Masaru Fukushi, Ikuko Eguchi Yairi, and Takeshi Hattori, “Route-Aware Task Mapping Method for Fault-Tolerant 2D-Mesh Network-on-Chip”, In Proc. Defect and Fault Tolerance in VLSI and Nanotechnology Systems (DFT’11), pp. 472-480, Oct. 3-5, Vancouver, Canada, 2011.
Domestic Conference
  • 尚永久美,岩澤有祐,福島裕介,矢入郁子,マルチタッチディスプレイを用いた視覚障害者への図形提示インタフェースとその評価,Human Interface Symposium, Oct. 13-16, 2011. 
  • 野口嵩人,武田拓也,福島裕介,矢入郁子,振動を用いたタッチパネルディスプレイの視覚障害者向け情報補償インタフェースの開発,Human Interface Symposium, Oct. 13-16, 2011.
  • 植松啓誠,浅井信尊,福島裕介,矢入郁子,視覚障害者生活支援に向けた行動分析のためのパーソナルセンシング,Human Interface Symposium, Oct. 13-16, 2011.
  • 川端純世,石井英勝,福島裕介,矢入郁子,視覚障害者のためのタッチパネルによる複雑な図形提示インタフェースの研究,Human Interface Symposium, Oct. 13-16, 2011.
  • 岡本愛弓,二階堂ホルヘ,鈴木秀孝,福島裕介,矢入郁子,歩行者ITS実現に向けた重度視覚障害者の分岐点検知行動分析のための実験と調査,Human Interface Symposium, Oct. 13-16, 2011.
  • 久田見拓,福島裕介,福士将,矢入(江口)郁子,服部武,決定的ルーティングを用いた不規則2Dメッシュ型NoCのためのタスクマッピング方式,電子情報通信学会技術報告 機能集積情報システム研究会, no. 309,8月1日,2011. 
  • 久田見拓,福島裕介,福士将,矢入郁子,遺伝的アルゴリズムを用いた非仮想チャネルルータ二次元メッシュネットワークオンチップのためのタスクマッピング方式,電子情報通信学会技術報告 機能集積情報システム研究会, no. 300, 3月7日, 2011. 

2010

posted Apr 6, 2012, 1:08 AM by IKUKO YAIRI   [ updated Jun 5, 2012, 7:22 AM ]

International Conference
  • Kumi NAOE, Masamitsu TAKANO, Ikuko Eguchi YAIRI, "Investigation of figure recognition with touch panel of visually impaired people from the perspective of braille proficiency", In Proc. SICE Annual Conference 2010, SB06.04, Taipei, Taiwan, August 18-21, 2010.
  • Keijiro Usui, Masamitsu TAKANO, Ikuko Eguchi YAIRI, "Sound Presentation Method for Touch Panel Regarding The Use of Visually Impaired People ", In Proc. SICE Annual Conference 2010, SB06.03,Taipei, Taiwan, August 18-21, 2010.
  • K. Usui, M. Takano, Y. Fukushima, and I. E. Yairi, "The Evaluation of Visually Impaired People's Ability of Defining the Object Location on Touch-screen," The 12th International ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility (ASSETS2010), pp.287-288, Oct. 25-27, Orland FL, 2010. 
  • Yusuke Fukushima, Masaru Fukushi, Ikuko Eguchi Yairi, Takeshi Hattori, “A Hardware-Oriented Fault-Tolerant Routing Algorithm for Irregular 2D-Mesh Network-on-Chip without Virtual Channels”, Proc. of International Symposium on Defect and Fault Tolerance in VLSI Systems (DFT'10), 6-8 Oct., pp. 52-59, Kyoto, Japan, 2010.
Academic Article
  • 矢入(江口)郁子,視覚障害者移動支援のためのアシスティブテクノロジー研究開発の動向、システム/制御/情報、第54巻、9号、pp.354—359(2010).

Domestic Conference
  • 高野 将充, 野口 嵩人, 尚永 久美, 東 佳輝, 福島 裕介, 矢入 郁子, 視覚障害者の利用に配慮したインタラクティブ地図のスクロール機能の実装と評価, Human Interface Symposium, pp. 363-368, Sep., 2010. 
  • 及川 辰幸, 平川 裕樹, 高野 将充, 福島 裕介, 矢入 郁子, タッチパネルを用いた、視覚障害者向け地図提示法の実装と評価, Human Interface Symposium, pp. 369-374, Sep., 2010. 
  • 植松 啓誠, 堀 健二, 福島 裕介, 矢入 郁子, 視覚障害者移動支援のためのスマートフォンを利用した歩行実験, Human Interface Symposium, pp. 375-380, Sep., 2010. 
  • 久田見 拓, 佐藤 圭介, 福島 裕介, 矢入 郁子, 空間認知実験に基づく視覚障害者の心理・歩行特性分析, Human Interface Symposium, pp. 381-384, Sep., 2010. 
  • 三橋 遼太郎, 鈴木 秀孝, 福島 裕介, 矢入 郁子, 車いすユーザのための乗心地可視化システムの開発と秋葉原実証実験, Human Interface Symposium, pp.389-394, Sep., 2010. 
  • 石井 英勝, 碓井 啓二朗, 高野 将充, 福島 裕介, 矢入 郁子, 視覚障害者のタッチパネル利用に配慮した神経衰弱ゲームコンテンツの開発と評価, Human Interface Symposium, pp. 1033-1038, Sep., 2010.
  • 福島裕介, 福士将, 矢入郁子, 服部武, 不規則二次元メッシュネットワークオンチップのための非仮想チャネルルータ, 電子情報通信学会技術報告 機能集積情報システム研究会, no. 287, 6月11日, 2010.
  • 尚永久美,高野将充,矢入郁子,「点字習熟度からみた視覚障害者のタッチパネルを用いた図形認知特性の解明」,情報処理学会研究報告, 2010年1月,Vol.2010-HCI-136,No.2,2010

1-10 of 14